路地で幼児が飛び出して来て、ヒヤリ

車を運転していると、ヒヤっとする事はしばしばありますが、中でも子供の飛び出しは、一番肝を冷やします。

ある時、近道をする為に、自宅近くの住宅街の狭い路地を走っていた時の事です。
2~30メートル先に、2歳か3歳くらいの小さな男の子が、一人で遊んでいる姿がありました。
ちょろちょろと走り回り、路地を横切ったりもしていました。
そして、ふっと物影に姿が消えました。

その道路は、制限速度30キロだったのですが、その男の子の存在が気になっていたので、殆ど徐行と言える速度でゆっくり走りました。
すると、さっきの物陰から男の子がいきなり飛び出して来ました。
とっさに急ブレーキを掛け、その子の僅か1~2メートル手前で停車しました。
本当に、間一髪でした。

男の子は、一瞬キョトンとした表情を浮かべ、また走って目の前から消え去りました。
あの時ほど、肝を冷やした事はありません。
たまたま少し手前で男の子に気付き、注意しながら走ったから良かったものの、もしそれがなかったら間違いなく轢いていた事でしょう。

そうなれば、男の子の命はどうなったか分からず、私も交通刑務所行きになっていたかもしれません。
とにかく、子供の飛び出しは本当に怖いです。

エンジン修理

Leave a Reply

Ringbinder theme by Themocracy